スーパー

【銀紙を破いて食べる】TONY’S CHOCOLONELYはメッセージ性のある板チョコでした。

2021年3月23日

スーパーで一際目立つ板チョコ、TONY’S CHOCOLONELY。

f:id:renkonuk:20210305192519j:image

スーパーで1枚3.5ポンドくらいと少しお高め。

オランダのジャーナリストTeun van de Keuken氏が、西アフリカのカカオ農場での違法な児童労働と現代の奴隷制について知ったことから始まったチョコレートメーカーです。
tonyschocolonely.com

普段に銀紙ごと割ろうとしても、なかなかまっすぐには割れません。
f:id:renkonuk:20210305192511j:image

銀紙を破ってみると、割れ目のデザインが特徴的なことに気が付きます。

全部剥いてみると、不揃いの割れ目。

パッケージの裏には、何故このような割れ目なのかが書いてあります。

f:id:renkonuk:20210305192507j:image

ざっくり言うと、

チョコレート産業では利益の不平等が深刻で、

現代でもガーナやコートジボワールでは児童の違法労働や奴隷制が問題となっているそうです。

トニーはそのような状況を終わらせるべく、コートジボワールの生産者とパートナーシップを組んでフェアな利益分配を目指したチョコレートメーカーだったのです。

f:id:renkonuk:20210305192531p:image

鎖をちぎるマーク。

不揃いな割れ目は利益の不平等を表したもの。

高い値段には理由があったのです。

トニーズチョコロンリー32%ミルクチョコレートバー、6オンス-ケースあたり15。 Tonys Chocolonely Tonys Choco Lonely 32 Percent Milk Chocolate Bar, 6 Ounce - 15 per case.

感想(0件)

-スーパー
-,