ロンドンから海外旅行

【ポーランド旅行】~予約・行き方編~アウシュビッツ=ビルケナウ強制収容所へ見学に行ってきた①

2022年12月15日

ポーランドの街クラクフの西にある、アウシュビッツ=ビルケナウ強制収容所に見学に行ってきました。

私たちはクラクフ中央駅からバスで強制収容所まで行き、施設の公式ガイド付きツアーへ参加、帰りはバスでクラクフ市内まで戻りました。

入場チケットをネット予約する

強制収容所の公式予約サイトから、事前に入場チケット(英語のツアー)をネット予約していきました。

ツアーはポーランド語、英語をはじめ、イタリア語、フランス語などさまざまな言語で開催されています。

各言語によって開催時間と定員が決まっているので、前もってチケットを買っておくのがよいですね。

という私たちはツアーの前々日に予約完了しました。枠があってよかった…。

チケットの料金は一人85ズロチ(2600円ほど)。

3.5時間(うち20分ほどの休憩含む)のツアーです。

施設HP:アウシュビッツ・ビルケナウ博物館
公式チケット予約サイト:アウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館(Visit for individualsを選択)
住所:Więźniów Oświęcimia 20, 32-603 Oświęcim, ポーランド
営業時間:季節によって変更あり。
ツアー料金:85ズロチ(2600円ほど)
ツアー時間:3.5時間

(※円換算は2022年11月時点のものを元に、ざっくりですがわかりやすく1ズロチ=3円としています。)

実はこの施設、入って見てまわるのは無料です(※入場時間に制限あり)。

しかしガイドさんの案内・解説がないと、広い敷地でどこを回ればよいかわからないし、解説がないと一体ここで何が起こったのかを知るのは難しいと思います。

何かしらのガイド付きツアーの参加して案内を受けながら見学することを強くおすすめします。

ガイドツアーに参加せずに施設見学しようかとも考えたのですが、ツアーに参加してよかったです。

クラクフからバスで行く

クラクフ中央駅の隣にバスターミナル。

電車での行き方もありましたが、いい時間がなかったためバスで向かいました。

クラクフ中央駅の隣にあるバスターミナルからアウシュビッツ収容所までの便が出ています。

Lajkonik社のバスを事前にネット予約しておきました。

降り場の名前は「Oświęcim(オシフィエンチム)Muzeum Auschwitz」終点です。(「アウシュビッツ」という名はドイツ語の言い方だそうです。)

片道18ズロチ(約550円)。

クラクフ中央駅からのバスでの行き方
時間:Lajkonik社のバスでおよそ1時間半。
値段:片道18ズロチ(約550円)
出発地:クラクフ中央(Kraków Główny)駅の隣(住所:ul.Bosacka 18, Dworzec Autobusowy górna płyta, stanowisko G1)
降り場:「Oświęcim(オシフィエンチム)Muzeum Auschwitz」

バスに揺られること1時間半ほど。

こちらが降りた停留所。

収容所のそばに到着するので迷うことはありません。

どれだけ滞在するかわからなかったので、片道だけ買いました。帰りもこのバス停から乗車してクラクフ中央駅まで。乗車券はバスの運転手さんから直接買えました。カード決済できましたよ。

強制収容所に到着

エントランス

右に見える建物がエントランスです。

建物の中にはスナックなどを売っている売店、強制収容所に関する本屋さん、軽食が食べられるカフェテリアなどがあります。

お手洗いは無料で使えました。

ちなみに当日のチケット売り場もあります。

エントランスの建物の奥にありました。

ツアー開始時間近くになると、エントランス付近は色々な団体さんで混みあいます。

時間になっても自分たちが参加するはずのそれっぽい団体が見当たらなかったので係の方に聞いてみると、なんと「集合場所は、施設の中のセキュリティゲートを通った先である」とのこと。

混んでいるので危うく遅れるところでした。

手荷物検査を受け、身分証明の提示を求められました(私たちはパスポートを提示)。

全体図はこのような感じ。

今いるエントランスがあるのはアウシュビッツ1です。

アウシュビッツの強制収容所は3か所あり、今回のツアーでは先にアウシュビッツ1(有名な門や死の壁があるところ)を見たあと、バス移動してアウシュビッツ2(ビルケナウ)(表紙:線路が引き入れられているところ)をまわる内容です。

全てガイドさんが案内してくれます。

↓見学の様子はこちらの記事に書いています。

写真をたくさん載せています。

見学編はこちら

さすが世界中から人がやってくる場所、予約も行き方も簡単でした。

事前に映画などを観ておくといいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

-ロンドンから海外旅行
-,